2017.10.10お知らせ

平成29年度 後期 市民講座を開催しました(報告)

 

9月30日(土)14:30から本学3階講堂にて約70名の参加者をお迎えして市民講座を開催しました。

当日は、本学 金物壽久 副学長より「神経痛とリウマチ―生活上の注意と予防―」をテーマに講演を行い、発健康寿命を延ばすためには運動器疾患の予防が大切であること、そのためには運動器症候群のチェックが重要であることなどを図や表を用いて説明いたしました。

さらに、赤羽勝司 准教授より「神経痛対策」健康体操を実演しながら説明し、参加者の皆さんと行いました。

なお、講演前には骨密度や握力測定の健康チェックも行いました。