2017.10.13お知らせ

祝! パラアイスホッケー日本代表 平昌冬季パラリンピック出場権獲得!

10月9日より平昌冬季パラリンピックの出場権を懸けた最終予選(大会名称 : Ostersund 2017 PyeongChang 2018 Qualification Tournament)が、 スウェーデン・エステルスンドにて行われ、ドイツ、スウェーデンに連勝し、勝ち点6としていた日本は12日、他チームの結果で3位以上が確定し、日本の出場権獲得が決まりました。これで冬季パラリンピックには銀メダルに輝いた2010年バンクーバー大会以来2大会ぶりの出場となります。

パラアイスホッケーは下肢に障害のある選手が「スレッジ」と呼ばれる専用のそりに乗って行う競技で、平昌冬季パラリンピックは来年3月9日に開幕します。

日本代表チームには本学教員の赤羽勝司准教授(理学療法士)がトレーナーとしてチームに帯同、この最終予選にも参加しています。パラアイスホッケーについてはぜひ下のバナーをクリックして、日本パラアイスホッケー協会のホームページもご覧ください。

日本パラアイスホッケー協会