2018.04.12お知らせ

看護学部長予定者並びに看護学部のビジョンを発表しました

本学は10日、県庁で記者会見を開き2019年4月開設をめざす看護学部の学部長予定者並びにビジョンを発表しました。

看護学部のビジョンについて岩谷 力学長は、「多職種連携教育を進めチーム医療のまとめ役を担える人材を養成するとともに、地域の保健、医療、福祉、介護に向き合える看護師・保健師の養成に力を注ぎたい」と説明しました。

また、学部長予定者として学長から紹介された聖路加国際大学前学長で同大名誉教授の井部俊子氏は、「真面目で一生懸命だが忙しくてものが頼みづらい」存在でなく、「受容的・知的で、スケールが大きく希望や展望を持って患者さんに寄り添うことのできる、ゆるやかで大らかな看護師を養成したい」と抱負を述べました。

 

―記者会見の様子―