副学長・保健科学部長メッセージ


副学長・保健科学部長 金物壽久

本学はリハビリテーション分野の単科大学です。現在の医療はチーム医療として成り立っており、リハビリテーションスタッフの理学療法士(PT)、作業療法士(OT)はチームの重要な一員です。入院患者さんの日常生活動作(ADL)を評価し、今後の生活を家族とともに考え立案し、退院後は訪問リハビリとして生活支援を行っています。高齢化社会が進むほどにその存在は大切となってきます。
医療チームの一員として大切なことは、自分の目の前にいる患者さんに対して何ができるのか、リハビリテーションのプロとして何をしてあげることができるのか、を常に考え行動することです。病気はさまざまですし、患者さんにもいろいろな人がいます。思ったように事がすすまず悩むことも多いはずです。しかし患者さんにとって一番うれしいことは、あなたの一生懸命なすがたです。プロとして人のお役に立てることは本当に大切で誇り高いことです。
本学では本物のリハビリテーションのプロを目指すあなたを歓迎します。そのためには知識技術の習得だけでなく、人に対する優しさ、知性も身につけてください。私たち教員は全力でサポートしたいと思います。

長野保健医療大学
副学長・保健科学部長  金物壽久