学校法人四徳学園 長野保健医療大学

保健科学部FACULTY OF HEALTH SCIENCE

保健科学部2020.08.25

臨床能力試験の取り組み紹介

2年生の前期には理学療法評価学Ⅲ、3年生の前期には理学療法評価学Ⅵを学びますので、知識と技術の他、態度面をテストする目的で臨床能力試験を実施しています。

方法はステーションと呼ばれる5つのブースを順に回り、必要な理学療法評価を行っていくものです。各ステーションには患者に扮した模擬患者が1名おり、症状や障害像を演じてくれます。3年生の試験ではクラスメイトが模擬患者を演じますが、2年生の試験ではこの模擬患者を3年生が演じます。(赤いビブスを着ているのが模擬患者です)この試験において最も重要なのは試験結果のフィードバック(良かった点、修正すべき点を指摘する)です。そして、フィードバックを行うのもクラスメイトや上級生です。人に教えることによって、より深く学ぶことにつながります。

3年次の理学療法評価学Ⅵ

 


2年次の理学療法学専攻Ⅲ

 

 

 

TOPに戻る