学校法人四徳学園 長野保健医療大学

保健科学部FACULTY OF HEALTH SCIENCE

保健科学部2020.08.28

IPW論(多職種連携)を学ぶ

現在、保健科学部4年生の多職種連携演習の集中講義が行われています。本学のカリキュラムの特徴である多職種連携教育(IPE:Inter professional Education)の授業では1年次から理学療法、作業療法、看護の専門分野を目指す学生同士が、共同で継続的・体系的に多職種連携(IPW:Inter professional Work)を学ぶためのIPE関連科目が設置されています。
前期の最後に行われた2年生のIPW論の発表の授業では保健科学部、看護学部混在のグループになり、大病を患った患者さんが退院後の行く先として在宅療養か施設入所かについて話し合った結果が発表されました。
最適な判断を行うためには、患者さんやそのご家族から必要な情報を多く集め、出来る限り推論的考察を働かながら患者さん中心の選択をすることが必要であり、そのために普段から患者さんとコミュニケーションを取り、また、日々変化していく患者さんの最新の状態について、各専門職が情報を共有していくことの重要性を学びました。

TOPに戻る