院長ごあいさつ

院 長宮坂 斉
Miyasaka Hitoshi

近年、高齢化が進むとともに超高齢化社会が到来し平均寿命が延びてきておりますが、健康寿命(日常の活動に制限なく、他人の介助なく生活できる期間)は必ずしもそれに追いついてはいません。そこで国は国民の健康についての基本方針について、「運動」や食生活の重要性を掲げています。
 私たちの整形外科・リハビリテーションクリニックは運動器の疾患を取り扱う医療機関です。背中や手足の筋肉・骨・関節などの運動器は、私たちが立つ、坐る、歩く、走るなど体を動かし移動したり、働いたりするといった「運動」時に活躍する大変重要な臓器です。事故による怪我や病気によりそのどこかに障害が起これば歩行や日常の生活動作に障害をきたすこととなり、ひいては健康寿命を短くする要因にもなります。クリニックはこのような運動器疾患の治療やリハビリ・介護に関与し、皆様の健康生活を支え継続していく役目を果たすことができるよう努めてまいります。

<資格・所属学会等>

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本医師会認定産業医

<主な略歴>

  • 千葉大学医学部卒業
  • 千葉大学医学部文部教官・講師
  • 長野県立須坂病院副院長
  • 長野県立木曽病院院長

<専門分野>

  • 整形外科一般・脊椎脊髄疾患