学長メッセージ


学長 岩谷 力

21世紀に入って我が国は未曾有の少子高齢社会を迎え、人々が安心して生活でき、持続的に発展する社会を築くために、国民が一体となっての挑戦が始まっています。リハビリテーション専門職は、安定した社会の基盤をなす保健・医療・介護・福祉の分野で重要な役割を果たしており、その役割の重要性はこれから一層高くなるでしょう。本学は、長野医療技術専門学校が長野県内をはじめとする主要な医療機関に887名の理学療法士、作業療法士を送り出してきた優れた教育実績を礎として、こども、高齢者、病者、障害をもつ人などのために、仁心(他人を慈しむ心)、広い視野、豊富な知識に基づいた高度な保健・医療サービスを提供できる理学療法士、作業療法土を育成します。
卒業後も、生涯にわたって学習を続け、時代の科学の進歩を取り入れた専門技能を磨くことができるよう生涯学習を支援します。志を抱く若者が集い、学び、人生を語り、社会的弱者と接して、人として成長し、専門職として社会に出て、生涯にわたり自己研鑽をはかることができる場として、長野保健医療大学は3年目を迎えました。若者が一生をかけて社会に貢献できる有能な専門職業人となれるように教職員は全力を尽くします。病気や障害をもつ人々、高齢で生活に不自由さをもつ人々のため、また社会人が健康的生活を送るために働きたいとの志のある方々を歓迎します。

長野保健医療大学
学長  岩谷 力