学校法人四徳学園 長野保健医療大学

大学紹介ABOUT

学長メッセージ

長野保健医療大学 学長  岩谷 力
 長野保健医療大学は、2015年に長野医療技術専門学校の優れた教育実績を礎として開設され、2019年に看護学部を加え、「地域で学び、地域を学び、地域で育ち、地域も育つ」教育を目指しています。これまでの約千名の卒業生の殆どは長野県内で活躍しております。人口が減少し、超高齢化が進むこれからの時代に安心して生活でき、持続的に発展する社会を築くために国は総力を結集し取り組んでいます。リハビリテーション、看護専門職は住みよい安全な社会を支える重要な役割を担っています。本学では、人を慈しむ心(仁心)と確かな技能(妙術)を持って、地域に生きるこども、高齢者、病人、障害を持つ人など弱者を支える保健、医療、福祉の向上に働く医療専門職を養成します。卒業後も時代の変化、科学の進歩を取り入れ知識を蓄え、専門技能を磨く生涯学習を支援します。また、積極的に地域社会と連携して、人々の健康増進に尽力します。志を持つ若者が集い、学び、人生を語り、地域社会と接して、人として成長し、自己研鑽に励み、社会に貢献し豊かな人生を送る医療専門職の育成に、教職員は全力を尽くします。弱者のため、地域のために働くことを目指す若者を歓迎します。

長野保健医療大学
学長  岩谷 力

TOPに戻る