学校法人四徳学園 長野保健医療大学

就職・資格EMPLOYMENT ・ QUALIFICATION

活躍する卒業生

JA長野厚生連 長野松代総合病院 リハビリテーション部 田中宏典さん 保健科学部リハビリテーション悪化理学療法学専攻1期生2019年3月卒

 現在は内部障害の患者さん、例えば糖尿病や肺炎を患った方の機能回復を主に担当しています。骨折などの外傷と違って目に見えず分かりづらいからこそ、患者さんへの説明は丁寧に。今どんな状態なのか情報をかみ砕いてお伝えすることを心がけています。
 医師や看護師など多職種の連携も重要です。チーム医療の一員として、PTの視点から治療の方針について提案できることも多くあります。PTが関われる領域は想像よりずっと広く、可能性は無限大!今後もさらに広い知識を身に付け、患者さんに貢献できることを増やしていきたいです。

岡谷市民病院リハビリテーション科 高見澤美波さん 理学療法学科2期生2016年3月卒

 理学療法士は、院内でも患者さんと一対一で関わる時間が長い職業のひとつ。リハビリを行う20〜40分間は、患者さんの抱える本音を聞き出せる大切な時間です。例えば、「介護が難しいことは分かっているけれど、本当は家に帰りたい」―心を通わせていくと、そんな患者さんの「隠れた本音」に気づく瞬間があります。そんな想いをご家族につなぎ、患者さんに喜んでいただいた時のやりがいはひとしおです。
 これからも患者さんに寄り添い続け、「どうすれば患者さんを『最善』の状態に導けるか」考え続けていきたいです。

医療法人長野寿光会上山田病院リハビリテーション科 大庭桜子さん 保健科学部リハビリテーション学科作業療法学専攻1期生2019年3月卒

 勉強に苦手意識を持っていた私に向かって、恩師がつぶやいた「自分に甘くなっちゃダメだよ」という言葉が、今も心に残っています。就職して3年経ちましたが、先輩からのアドバイスを素直に受け止められなかった時や、知識や技術が足りなくて悔しい思いをした時には、先生の言葉を思い出し、「次こそは!!」と自分を奮い立たせています。
 私にとって作業療法士の仕事は、患者さんの性格、人生、未来、そのすべてと向き合うもの。学校で得た学びや、日々の業務で培った経験を糧に、これからさらに成長していきたいです。

長野医療生活協同組合南長池診療所通所リハビリテーション 傘木達也さん 作業療法学科12期生2016年3月卒

 作業療法士によるリハビリの場合、最も大切なのは患者さんの「これができるようになりたい」という『思い』、患者さんの『やりたいこと』が出発点になります。リハビリによって機能回復を促すことはもちろんですが、それだけでなく日常生活の中であれば、道具を使って補ってもいいし、ご家族の協力を得ることだってできる。
 無理だと決めつけずに、「どうしたら患者さんのやりたいことが実現できるか」を患者さんに寄り添いながら工夫して考え、できる方法を編み出すことがこの仕事の醍醐味だと感じています。

北アルプス医療センター あづみ病院 肩関節治療センター 塚田 郁 さん 理学療法学科11期生2015年3月卒

長野県内でも珍しい肩関節専門のセンターで、入院・外来両方の患者さんを担当しています。肩のスジが切れる腱板断裂など手術翌日の患者さんも多く、まだ痛みが強くて気持ちが落ち込んでいる患者さんに、「なぜ今やるのか」をきちんと説明し、納得して取り組んでもらえるよう精神的なサポートにも力を入れています。
当センターは一度受け持った患者さんは最後まで一人で担当します。責任は大きく、効果が出ずに悩むこともありますが、患者さんにしっかり向き合うことで本当に必要なリハビリが見えてきますし、経過を全て自分の目で追えるのでやりがいも大きいです。リハビリを終えた患者さんからお手紙をいただくこともあり、その後痛みを気にせず生活できていると聞くと、何より嬉しいですね。今出産を控えていますが、育休後、またここに戻ってくるのが楽しみです。
学生時代、先生、友達、実習など様々な出会いを通して、どんなPTになりたいか少しずつ見えてきたことが今の私の土台となっています。学生の皆さんにも、一つ一つの出会いから多くを吸収し、将来の糧にしていってほしいです。

JA長野厚生連 佐久総合病院 リハビリテーション科 櫻井 智輝 さん 作業療法学科11期生2015年3月卒

仕事をしてみてわかったのは、あんなに勉強したけれど学生の時に学んだのは氷山の一角で、数ある例の一つだったということ。実際の患者さんは性格も経験も生活リズムも違うため、一人ひとりに合わせて向き合う必要があります。
初めての上司から「外に出て学べ」という助言をもらいました。そこで、東京都内で開催されていた認知行動療法の勉強会に、週1回4カ月間、自費で通いました。仕事が終わってから高速バスでの移動は大変でしたが、グループワーク中心の勉強会で、他の病院、他の県から来た人の違う視点や意見から、発見が多くありました。
それから、自分の趣味を増やしました。釣り、山登り、マラソン、カメラ…一生懸命やってみると、知識や経験だけでなく、そこで出会った人ともコミュニケーションが広がります。すると病院でも自然に会話が広がり、患者さんから話を引き出すことができるようになってきました。
作業療法士は、経験がものをいう仕事です。勉強だけでなく、バイトでも趣味でも遊びでも何でも、人より多く経験することが必要だと思いますね。

特定医療法人 財団大西会 千曲中央病院 リハビリテーションセンター 西澤 亘 さん 理学療法学科10期生2014年3月卒

脳卒中などで入院後、病状が安定してきた回復期の患者さんを主に担当し、退院後の生活に向けた体の機能回復を目指しています。ご自宅の調査もして実際の生活を考慮したリハビリを行うのですが、患者さんの目線・気持ちで考えなければ意味がありません。お話にしっかり耳を傾け、ご家族も巻き込んで情報収集するなど「患者さんファースト」のコミュニケーションを大切にしています。何気ない会話も信頼関係を作るうえで欠かせません。これから続く患者さんの人生の一部に携わっている…その責任をしっかり果たしていきたいです。
就職して7年になりますが、実は学生の時に実習でこちらに来たんです。自分なりに考え学んだことを実践しようと臨みましたが、患者さんに体を動かしてもらおうにもうまく伝わらず、何もできなかった。本当にくやしかったし、その時の先輩の姿を見て「患者さんの思い」をいかに引き出し、寄り添えるかが大事だと気づかされました。4年間勉強は大変でしたが、あきらめず頑張ることで精神面でも成長できたと思います。

児童発達支援センター にじいろキッズらいふ 目須田 知果 さん 作業療法学科11期生2015年3月卒

実習で行った小児の養護施設で、「訓練」ではなく「遊び」を通して子どもの力を引き出す―という考え方に出合って感銘を受け、小児分野に進むことを決めました。この施設には、脳性麻痺で体に障害のある子ども、自閉症やADHDなど発達障害の子どもなどが通っており、私は自立に向けた療育プログラムのプランナーの立場です。「この障害だから」とひとくくりにするのではなく、「子どもの今の状態」に目を向けながらなるべく自然な形で取り組めるプログラムを考えています。私も子どもたちと接しますが、毎日接するのは親御さんや担任の先生方。「こんなことができるようなった」「家族で念願の遊園地に行けた」など嬉しい報告をもらうことも多く、成長の喜びを親御さんや先生方と共有できるのは大きなやりがいです。試行錯誤の毎日ですが、予想以上に成長してくれる子どもたちの姿に驚かされてばかりです。
お世話になった先生方には、実は今でも何かと相談しています(笑)。就職後に出会った学校の先輩など新たなつながりもできて、たくさんの尊敬する背中に、「私も頑張ろう!」と力をもらっています。

社会医療法人 抱生会 丸の内病院リハビリテーション部 大津 真央さん 理学療法学科10期生 2014年3月卒

現在、外来の患者さんを担当しています。一般的な治療のほか、この病院では、プロサッカークラブ「松本山雅」のホームタウンということもあり、3年ほど前からスポーツリハビリテーション外来を開設し、スポーツでのケガの治療や予防のトレーニング、パフォーマンス向上のための指導などを行っています。
治療を通して、これまで困難だった動きが目に見えて出来るようになっていく患者さんの姿を間近で見られることが、私の働くモチベーションです。陸上競技で足を疲労骨折してしまった学生さんが懸命に治療に励み、大会で自己ベストを出せたときは、自分のことのように嬉しかったですね。
「理学療法士は20年やって1人前」と言われますが、日々この仕事の奥深さを感じます。患者さんへの触れ方ひとつで治療の効果は変わってきますし、理学療法士によって患者さんを見る視点や捉え方が違い、まさに仕事は「個人」が試される世界です。1人の理学療法士として、いかに経験値を積み、治療のための知識の引き出しを増やせるか、感覚を磨けるか、そこが大変さでもあり、楽しさでもあると感じます。職場には、「みんなで治療しよう」という方針があるのですが、一人の患者さんに対して先輩方の意見を聞き、さまざまな視点に触れ「なるほど、そういう考え方もあるのか」と自分のものにする―。就職して6年経った今でも、日々その繰り返しです。
学生時代はひたすら、単位を取るためテストの暗記をするのに必死。正直、当時の私は先生方のお話を十分に理解できていませんでした。でも、今になって「あの時の先生の言葉はこういう意味だったのか…」と当時の教えを噛みしめています。プロとして現場で経験を積んでこられた先生方の言葉やご指導だからこそ、現在の自分の糧になっていると思います。

社会医療法人 抱生会 丸の内病院リハビリテーション部 大津 真央さん 理学療法学科10期生 2014年3月卒

就職して6年目。作業療法士としては珍しく、働きながら附属の大学院で研究にも取り組み、現在修士課程の2年生です。仕事と勉強の両立は決して楽ではありませんが、モチベーションの1つになっているのは「先輩の背中」。現状に満足せず、常に最善を求めて学び続ける、その方の姿にいつも刺激をいただいています。
職場でよく使われる言葉に「患者さんをハッピーに」というものがあります。単純に患者さんが作業できた、できないは、治療する側の評価にすぎません。大切なのは患者さんの“心の満足度”。多少上手くできない動作があっても、治療を通して患者さんの気持ちが前向きになれるか、患者さんがハッピーかどうかが重要です。そのために、こちらの一方的な治療の押し付けにならないよう、患者さんの「こうなりたい、あれができるようになりたい」という想いを引き出し、それに寄り添う「患者さんファースト」の治療を心掛けています。
また、患者さんの夢や目標を実現する力になるためにも、こちらが知識と技術を持って接するのは当たり前のこと。そういった意味でも、常に学び続けていきたいですし、ゆくゆくは自分の研究をきちんと発表して、見えない誰かのハッピーに貢献できれば嬉しいです。僕がこんなに勉強熱心になるなんて、きっと当時の先生方が知ったら驚くでしょうね。
いま、学生時代を振り返って思うのは、無駄な経験なんてひとつもない、ということ。勉強はもちろんですが、サークルやカラオケ、ボーリングなどの趣味や友人たちとの遊びも、患者さんとの距離を近づける大切な話のタネになったりしますから。これからこの学校で作業療法士を目指す方には、今しかできないことをめいっぱい楽しみながら頑張っていってほしいです。

※本学前身の長野医療技術専門学校生を含みます。

TOPに戻る