学校法人四徳学園 長野保健医療大学

新着情報TOPICS

コロナ対策2020.09.11

【学生ならびに保護者の皆様へ】後期授業の開始にあたって

後期授業の開始にあたって

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の中で始まった前期授業は、学生の皆さんの協力のもと本学での感染者を出すことなく日程を終えることができました。皆さんのご理解とご協力に心から感謝申し上げます。

 現在、国の新型コロナウイルス感染症に対する取り組みは、感染拡大防止と社会経済活動の両立が目標とされています。全国で毎日一定数の感染者が報告され、長野県でも、若者を中心とした人の移動や交流による感染例の報告が相次いでいますが、社会活動の制限は強化されていません。学校におけるクラスターの発生は、学生寮における発生事例を除き、報告されていません。
 また、医療専門職の養成教育には、対面による知識と技能の習得が不可欠です。さらに、大学における学生同士の交流、学生・教師間の関係などは、学生の皆さんの将来の貴重な財産であります。このような人間形成の場を失うことは、医療系の大学としてあってはならないことであります。
 したがって、後期授業は、9月25日から特別な事情がない限り、マスクの着用、手洗いの励行、三密の回避をさらに強化した環境で対面授業を行うこととし、学内環境の整備、授業再開準備を進めています。
 学生の皆さんは、感染予防に心がけ、「自分が感染しない」よう努めてください。また、新型コロナウイルス感染症の拡大により、経済的な困難に直面された場合には、ためらうことなく学務部に相談してください。

 新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が発せられてから、本学はできる限り対面授業を行う途を探りつつ、円滑な遠隔授業を行うための環境整備や感染予防に取り組んでまいりました。今後も新型コロナウイルス感染症の流行が再拡大することもありうると考え、遠隔授業ができる態勢を維持し、万一に備え教室環境の整備、授業・実習の環境整備を行っています。学生の皆さんもネット環境を引き続き整えておいてください。

 学生、教職員が一丸となって新型コロナウイルス感染症予防対策を行いつつ、対面授業を行い、この難局を乗り越え、新しい日常を築きたいと考えております。皆さんのご理解とご協力をお願いします。

2020年9月11日

長野保健医療大学

学長 岩谷 力

TOPに戻る