学校法人四徳学園 長野保健医療大学

新着情報TOPICS

お知らせ2020.04.11

【在学生の皆さん】大学休講中の生活について

学生諸君

大学休講中の生活について

長野保健医療大学
学長 岩谷 力

 大学は授業再開に向けて、新型コロナウィルス感染症の予防、蔓延防止の体制を整えるために教職員が一体となって取り組んでいます。
 授業を再開するためには、学生諸君一人ひとりが「うつらない(自分が感染しない)、うつさない(他人に感染させない)」ための行動を徹底することが鍵となります。
 これまでにも、注意を呼び掛けてきましたが、改めて、感染が終息するまでの間は以下の事項を守って、学びの場の再開に協力してください。

* 「健康観察シート」に毎日の体調を記録する。
* 体調管理に努める。

 ・規則正しい生活
 ・バランスの取れた食事
 ・十分な睡眠
* 手洗い、咳エチケット、マスク着用を励行する。
* 風邪症状など体調不良があるときは、大学に連絡の上、登校しない、不要不急の外出はしない。
* 高熱、息苦しさ、だるさなどが4 日以上続くときには、帰国者・接触者相談センターに電話して、指示を仰ぐ。
* 医療機関を受診するときには、あらかじめ電話で相談する。
* 室内での「三密(密集、密接、密封)」を避けるために

 ・部屋の換気をおこなう。
 ・室内での人混みや近距離での会話、密集した空間での大声、歌などは行わない。
 ・フィットネスクラブなどの室内で呼吸が荒くなるような運動は行わない。
 ・イベントへの参加は自粛する。
 ・ライブハウス、カラオケ、ネットカフェ、マンガ喫茶などへは出入りしない。
 ・コンパや歓迎会などは行わない。
 ・サークル、クラブ、ボランティア活動などは行わない。
* アルバイトへの従事
 ・風邪症状など体調不良があるときはアルバイトに従事しない。
 ・「三密」を回避する対策が取られていないアルバイトは禁止します。
 ・屋内での激しい運動を伴うアルバイトは自粛してください。
 ・アルバイトでの困りごとについては、学務部に相談してください。
* 海外渡航は行わない。
* 東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県、愛知県、大阪府、(京都府)、兵庫県、福岡県への不要・不急の旅行は極力避ける。
* 感染者、濃厚接触者、医療従事者などの方々やそのご家族、緊急事態宣言が出た地域などにおられた方々などへのいわれのない差別、偏見、いじめなどは行わない。
* 報道やSNS には誤った情報、偽の情報、医学的根拠に乏しい情報などがたくさんあります。不確かな情報をSNS で拡散しない。個人情報を拡散すると犯罪行為として罰せられることがありますので注意してください。

TOPに戻る