学校法人四徳学園 長野保健医療大学

大学紹介ABOUT

学びの特徴

1専門職連携教育

専門領域を越えた連携ができる人材を育成します

専門職連携教育 現在の医療は、患者さん1人ひとりに対し細心な治療・ケアを実践するために、さまざまな専門職が連携をとり「チーム」で行うことが不可欠です。IPW(Inter professional Work)の目的は、病院等における医師・看護師・理学療法士・作業療法士等により構成する医療チーム内で、専門職(多職種)との協働及び利用者や患者の要望に応える方策について学ぶことにあります。両学部の学生が共に1年次から継続的・体系的に学修を進めます。

学年ごとのIPE

1年次

ヒューマンケア論

ヒューマンケアの概念が登場した社会的背景や制度的背景の基礎的な知識を得ながら、専門的な働きかけを必要とする人のニーズや心理状態を理解し、援助のあり方や保健医療福祉の連携の意義と重要性を学ぶ。

  • 授業形態:看護学部、保健科学部の学生全員が集合して、ヒューマンケアの理念を学ぶ。

ヒューマンケア体験実習

コミュニケーションの意義・目的・方法だけでなく、他者との関係の重要性を理解し、人間関係や信頼関係を築き深めるため、実習施設においての体験実習を通じて保健医療福祉に共通する対人援助の基盤を実際に学ぶ。

  • 授業形態:看護学部は実習施設で体験授業を行う。保健科学部は病院・施設見学。
2年次

IPW論

複数の専門職が各々の技術と役割により協働するため、両学部の学生が混成グループを編成してワークショップ形式により必要なアカデミックリテラシー(大学で学ぶための諸能力)を学ぶ。

  • 授業形態:看護学部と保健科学部の学生がグループを編成してIP W 論を学ぶ。
3年次

IPW論Ⅰ

地域における保健医療福祉の現場を想定し、両学部の学生が混成グループを編成し、多職種連携について事前学習、課題の設定、チームワークを意識しながらチームの目標に向かっていくプロセスを相互に学びあう。

  • 授業形態:看護学部と保健科学部の学生が混成グループを編成して、机上のシミュレーション演習により理解を深める。
4年次

IPW論Ⅱ

3年次までに学んだことを、地域包括支援センター、特別養護老人ホーム、ケアハウス、保育所等において実際に体験する ことにより、保健医療福祉に携わる援助者間の連携・協働についての実践上の基盤をつくる。

  • 授業形態:看護学部と保健科学部の学生が混成グループを編成して、地域の施設等での臨地演習により理解を深める。

2入学前から在学中、そして卒業後も手厚いサポート

充実した学修支援があるから、安心して学べます

充実した実習支援
本学は「現場から学ぶリハビリテーション」という理念があり、現場での実践的な能力を身に付けるために、臨床実習を重視します。保健科学部では、実際に患者さんや現場のスタッフと接することで、仕事のやりがいや厳しさを肌で感じ、自分に足りない事を見つめ直し、リハビリテーションという仕事の奥深さを学び、またコミュニケーションが全てといえるこの仕事の原点を、経験を通して掴むことができます。
看護学部では、主として北信地域の中核的な病院等において、チーム医療、専門医療、地域医療の3つの側面を踏まえた臨地実習により、看護の実践能力の向上を図り、チームの一員としてのリーダーシップとフォロワーシップを備えた看護職者を育成します。

臨床実習の負担軽減!

実習先は全国幅広く行うこともあり、実習先(宿泊先)までの交通費、実習中のアパート家賃の全額を大学がすべて支援、県外施設での実習でも負担はありません。
充実した実習支援
充実した実習支援
クラス担任・アドバイザー制
保健科学部は1クラス40人程度。学生5~6人と教員によるグループワークを主体とした演習授業を多く取り入れています。学生ひとりひとりが責任ある役割を担うことから自主性を養い、議論や発表を通して自分の考えや意見をまとめる力、論理的に伝える力、そしてなにより医療人として欠かせないコミュニケーション力を高められるのが特長です。
看護学部では、学生の学修及び生活相談に応えるため、専任教員が年度ごとに担当する学生を決める「アドバイザー制」により支援体制を整えます。
授業の内容で分からないことがあったときや、国家試験に関する質問、就職に関する悩みなど、なんでも相談できる環境が整っています。少人数による教育方法を多く取り入れることで凝縮された学びを提供できるところも、本学の魅力のひとつです。
クラス担任・アドバイザー制
クラス担任・アドバイザー制
入学前指導の充実
入学後の学習にスムーズに入ってもらうため、1.2.3月に登校日を設け、物理の補講や授業の進め方等の指導をしています。入学後、円滑に授業できるような環境を整えています。さらに入学前教育プログラムを案内、希望者にリハビリ・医療系に必要な「学び」「意義」の理解を促し、定期的に提出課題を課すことによって、学習習慣とモチベーションを維持・構築します。
全体
全体
作業療法
理学療法
看護
リカレント教育(卒後教育)の充実
本学で習得した知識・技術だけで生涯仕事ができるわけではありません。日々進化する医学や、患者さまのさまざまなニーズに対応するためには、生涯学習をしていく必要があります。本学では、卒業生を対象にした「生涯学習講座」を年4回実施。卒業後も各分野の最先端の知識や技術を学び、レベルの高い療法士・看護師・保健師を育てます。また、健康づくりに関心がある市民に向けた「市民公開講座」などを開催。本学がリハビリテーションを軸にした「知の拠点」として、卒業生をはじめ地域社会に学びの場を提供していきます。

3国家試験 受験対策

驚異の国家試験合格率には、理由があります

国家試験合格まで、質の高い教員が一丸となってひとりひとりを大事に相談・指導にあたり全力でサポートします。
国家試験合格率は99%! しっかり学べば、「合格しない学生はいない」と言っても過言ではない授業内容と臨床実習、そして合格実績があります。
驚異の国家試験合格率には、理由があります

4充実した就職活動のサポート体制

なぜ、就職希望者全員が就職できるのか

本学の卒業生、及び前身である長野医療技術専門学校の卒業生を含め8割は病院、2割が福祉関連施設に就職しています。現在までの就職率は100% ! 就職希望者の全員が就職しています。
求人倍率も長野県内で約3倍、全国では30倍を超える倍率になっていますので、かなりの売り手市場と言えるでしょう。卒業生たちも現場でキャリアを積み、なかにはそろそろ中堅になってきた人もいます。
行く先々で、がんばる先輩に出会えるかもしれません。
なぜ、就職希望者全員が就職できるのか

TOPに戻る