学校法人四徳学園 長野保健医療大学

保健科学部FACULTY OF HEALTH SCIENCE

作業療法学専攻 カリキュラム

4年間のカリキュラム

科目大区分 小区分 1年
建学の精神・社会人としてのマナーとスキル・スタディースキル・幅広い教養・基礎医学
前期 後期
教養科目 導入科目 大学基礎セミナー
アカデミックリテラシー
自然科学の基礎
情報リテラシー
作業療法基礎セミナー
人文科学 心理学
倫理学
文化人類学
異文化理解
信州学
社会科学 社会福祉学
社会学
教育学
自然科学 物理学
統計学
生物学
体育学 体育実技
体育学
外国語 英語Ⅰ 英語Ⅱ
ハングル
中国語
スペイン語
専門基礎科目 基礎医学 解剖学Ⅰ(総合)
運動器系解剖学Ⅰ
生理学Ⅰ
解剖学Ⅱ(総合)
解剖学実習(人体解剖観察)
運動器系解剖学Ⅱ
生理学Ⅱ
作業療法基礎運動学Ⅰ
人間発達学
臨床医学
保健医療福祉と
リハビリテーションの理念
障害科学Ⅰ
専門科目 基礎作業療法学 作業療法概論
基礎作業療法学
基礎作業学Ⅰ(基本・技法)
作業療法
倫理・管理
作業療法評価学 作業療法評価学総論
作業療法治療学
地域作業療法学
作業療法
臨床実習
臨床見学実習
IPE関連科目 ヒューマンケア論
科目大区分 小区分 2年
医療人としての心構え(知識)・臨床医学・リハビリテーション実践の基礎的知識と技術
前期 後期
教養科目 導入科目
人文科学
社会科学 日本国憲法・法学
自然科学 生化学
体育学
外国語 医学英語Ⅰ 医学英語Ⅱ
専門基礎科目 基礎医学 体表解剖学演習
生理学実習
作業療法基礎運動学Ⅱ
運動学実習
臨床医学 病理学
整形外科学Ⅰ
内科学・老年学Ⅰ
脳神経外科学
小児科学・小児神経科学
精神医学Ⅰ
リハビリテーション医学
外科学
整形外科学Ⅱ
内科学・老年学Ⅱ
神経内科学
精神医学Ⅱ
保健医療福祉と
リハビリテーションの理念
障害科学Ⅱ 生命倫理
人間関係論
専門科目 基礎作業療法学
作業療法
倫理・管理
作業療法評価学 身体系作業療法評価学
精神系作業療法評価学
発達系作業療法評価学
作業療法評価学演習(総合)
作業療法治療学 身体系作業療法学
発達系作業療法学
精神系作業療法学
高齢期作業療法学Ⅰ
日常生活活動学Ⅰ
地域作業療法学
作業療法
臨床実習
作業療法臨床評価実習Ⅰ
IPE関連科目 IPW論
科目大区分 小区分 3年
医療人としての心構え(実践)・リハビリテーション実践の知識と技術・疑問に対する探究心・ロジカルシンキングとディベート
前期 後期
教養科目 導入科目
人文科学
社会科学
自然科学
体育学
外国語 英語Ⅲ 医学英語Ⅲ
専門基礎科目 基礎医学 リハビリテーションのための人体構造(運動器)
リハビリテーションのための人体構造(神経系)
臨床医学 医用画像解析学
臨床薬理学
栄養管理学
救急救命医学
臨床心理学
保健医療福祉と
リハビリテーションの理念
公衆衛生学
専門科目 基礎作業療法学 基礎作業学Ⅱ(作業分析)
作業療法研究法Ⅰ
作業療法研究法Ⅱ
作業療法 倫理・管理
作業療法評価学
作業療法治療学 身体系作業療法治療学Ⅰ
精神系作業療法治療学Ⅰ
発達系作業療法治療学Ⅰ
高次脳機能系作業療法学Ⅰ
高齢期作業療法学Ⅱ
日常生活活動学Ⅱ
作業療法系義肢装具学Ⅰ
身体系作業療法治療学Ⅱ
精神系作業療法治療学Ⅱ
発達系作業療法治療学Ⅱ
高次脳機能系作業療法学Ⅱ
作業療法系義肢装具学Ⅱ
職業前評価・治療学
地域作業療法学 地域作業療法学Ⅰ 地域作業療法学Ⅱ
作業療法 臨床実習 作業療法臨床評価実習Ⅱ
IPE関連科目 IPW演習Ⅰ
科目大区分 小区分 4年
医療チームの一員としての役割の自覚と責任・知識の統合と科学的思考・高い倫理観を伴うリハビリテーション実践の知識と技術・職業アイデンティティとキャリアデザイン
前期 後期
教養科目 導入科目
人文科学
社会科学
自然科学
体育学
外国語
専門基礎科目 基礎医学
臨床医学
保健医療福祉と
リハビリテーションの理念
言語聴覚療法概論
看護学概論
介護学概論
専門科目 基礎作業療法学 作業療法研究法演習(卒業研究)※通年科目
作業療法
倫理・管理
作業療法管理学
作業療法評価学
作業療法治療学 作業療法治療学演習(総合)
地域作業療法学
作業療法
臨床実習
地域作業療法実習
作業療法臨床実習Ⅰ
作業療法臨床実習Ⅱ
IPE関連科目 IPW演習Ⅱ

教養科目

専攻の枠を超えて、共通に求められる『仁心』を備えたグローパル社会に生きる技能が優れた専門職業人を育成する。

導入教育

人文科学 社会科学 自然科学 体育学 外国語
全ての人が尊厳を認め合う共生社会を目指して活動する職業人を育成する 社会福祉の理念と仕組みを知り、医療・福祉サービスにおける教育の視点を学ぶ 医学知識を学習するための基礎となる科学的思考を身につける 人々の健康増進、スポーツ活動参加を促進し、健康寿命の延伸に貢献するための基礎的知識を学ぶ 地域での経験、研究成果を国際的に発信する能カを養う

専門基礎科目

専門職として必要となる医学的基礎知識を学び、事象(病者、障害者など支援を求める人の健康、機能、活動の状態)を科学的に把握し、解析し、論理的に対応を考える能力を養う。
基礎医学 臨床医学 保健医療福祉と
リハビリテーションの理念

専門科目

専門職としての基本的知識と技能を習得させ、生涯にわたって「妙術」を体得するための基礎技法を教授する。専門職としての基礎知識と技能を学び、地域療法学において、地域における専門技法を実践する際に必要となる地域社会に関する知識、職業人としての態度を学び、臨床実習を通して、知識を確かめ、基礎的技能の習得を目指す。
基礎作業療法学 作業療法評価学 作業療法治療学 地域作業療法学 臨床実習

教員メッセージ

作業療法学専攻 講師 松下 雅子

作業療法学専攻 松下 雅子 講師

作業療法士は、対象となる方々の「作業=生活の活動全般」に焦点を当てた支援を行う、暮らしやすさを支える専門家です。作業を多面的にとらえ、その方らしい生活が送れるように、その方の生活環境(暮らし)に合った方法を考えて提供します。
私は、発達期に障害を持つ方に対する作業療法を専門としています。地域の中で、子どもの豊かな育ちを支えることを目指して、子どもとその家族、取り巻く環境、多職種の支援者と関わらせていただきました。
学生の皆さんには、様々な人やフィールドに興味を持ち、作業療法の学問から得た知見や自分自身の体験を、地域社会や作業療法を必要とする方々に届けてもらいたいと考えています。共に成長しましょう。
作業療法専攻 教授 外里 冨佐江

作業療法専攻 外里 冨佐江 教授

作業療法士は、人間を「生活する人」としてかかわっていくリハビリテーションの専門家です。作業療法士は、障がいのあるなしにかかわらず、老若男女が自分らしい生き方をするために、縁の下の力持ちとして活動します。華やかな仕事ではありませんが、しかし確実に、対象者と作業療法士自身の人間的な成長を促す仕事です。「生きるとは何か」「障がいとは何か」「死ぬこととは何か」など哲学的な問いを希求している方にはお勧めの職業です。
したがって、作業療法の効果を検証するためには、医学をはじめとして心理学、教育学、哲学などの幅広い知識が要求されます。
学生の皆さま、一緒に「生きることの意味」を模索していきませんか。

修学レポート

作業療法学専攻3年 黒岩 柾斗 長野東高校出身

作業療法学専攻3年 黒岩 柾斗 長野東高校出身

多職種連携で学んだコミュニケーション力

多職種連携の授業では、グループワークでいろんな人と意見を出し合います。日常では仲の良い人としか話をしないけれど、グループワークのメンバーには性格が合わないタイプの人もいます。はじめは合わせるのが大変だと思いましたが、実はそれが面白いと気づきました。全員の意見をまとめるのは骨が折れるけれど、一人では偏りがちな知識も、他の人の意見から気づかされて前進することができます。自分のことばかりではなく、周りのことを考えて、様々なことに気を回せる人になりたいです。

自分の「意志」を持って学ぶことが大事!

大事なのは「自分で学ぶ意志」だと思います。授業は大変ですが、ひとつひとつ根気よくやっていけば対応できます。座学は、実習で活かせるようにと、つなげて考えることがポイントです。先生達はすごく気さくで話しやすく、相談にも乗ってくれるので、分からない事があっても聞きやすい環境です。ちゃんとやりたいことを決めて大学に入れば、最後までやりきれると思います!

当たり前のことを大切にしています

僕が日々大切にしていることは、あいさつ、ゴミを散らかさない、ものを大切にするといった当たり前のこと。自分の行動を見ている人が必ずいると思います。学生の今も、就職してからも、人との関わりはとても重要だと思うので、当たり前だけど大切なことを疎かにしないよう心掛けています。

学年が上がってわかる基礎の重要性

学年が上がって新しい授業を受けたときに、今までの授業がつながった!と気づきます。さらに、実習に行くとその実感は強いものになります。学校での学びは基礎を固めていくもので、実習は学んだことを応用する場です。1、2年時の授業は暗記科目が多くて大変ですが、疾患の原因と絡めて覚えるようしっかり授業を聞いていると、後で出てくることが理解できるようになります。

私の時間割(3年前期)

1限目 作業療法治療学Ⅰ
(発達障害)
作業療法治療学
(高齢期障害)
地域作業療法学概論 作業療法治療学Ⅰ
(精神障害)
作業療法治療学Ⅰ
(身体障害)
2限目 作業療法治療学Ⅰ演習
(発達障害)
作業療法治療学
(高次脳機能障害)
基礎作業学
(作業分析)
作業療法治療学Ⅰ演習
(精神障害)
作業療法治療学Ⅰ演習
(身体障害)
3限目 職業前評価・治療学 臨床薬理学 看護・介護学 作業療法系
義肢装具学
4限目 日常生活活動学 看護・介護学 作業療法治療学Ⅰ演習
(発達障害)
基礎作業学
(作業分析)
5限目 言語聴覚概論
作業療法学専攻2年 小林 真希 松本県ヶ丘高校出身

作業療法学専攻2年 小林 真希 松本県ヶ丘高校出身

先生と学生、「距離の近さ」が魅力

高校生の時に参加した体験授業で、偶然一番前の席に座りました。その時の先生が一方的に授業を進めることなく、こちらに話かけてくれるなどとてもフレンドリーで距離が近かったことに惹かれ、入学を決めました。
入学後も、勉強のことはもちろんプライベートの相談にも乗ってくださるなど、先生方の存在が大きな支えになっています。クラスも少人数制なのに加えて、3年間同じ目標に向かって一緒に勉強をするので、自然と距離が縮まります。サークルの先輩方も何かと気にかけてくださり、相談に乗ってくださるのでうれしいですね。先生と学生、学生同士、また学校全体で「距離が近い」のがこの大学の魅力だと思います。

「知る」と自分の「ものにする」は違う

1年次は徹底的に基礎を学ぶのに対し、2年生からは本格的に実習がはじまります。
先生を患者役にしての実習は、日々、いま自分に足りないものが明確になります。知識として知ることと、自分のものにするのは別物。授業の内容を本質から理解していないと、実践でとっさに動くことができません。実習の前には家で自主的に予習復習をするようになりました。

勉強はメリハリをつけて

松本から電車で1時間ほどかけて通学しているのと、週末は掛け持ちでアルバイトをしているため、勉強はメリハリをつけて短期でぎゅっと集中して行っています。テスト前は、先生が授業で教えてくださったポイントをもう一度自分でまとめ直すなどして理解を深めています。「少し疲れたな」と感じた時は、友人との電話でストレス発散!そうすると、また頑張ろうと気力が湧いてきます。

この仕事の奥深さを実感しています

一口に作業療法といっても、発達障害や身体障害など様々な分野があります。利用者様の症状や個性に合わせて対応を考えていく難しさはありますが、分野を超えて利用者様やそのご家族に影響を与えることができるこの仕事の、奥深さと魅力を改めて感じています。

私の時間割(2年後期)

1限目 作業療法評価学演習
(身体障害)
神経内科学 整形外科学
2限目 作業療法評価学演習
(精神障害)
地域医療
地域リハビリテーション学
作業療法評価学演習
(発達障害)
リハビリテーション医学 作業療法評価学
(高次脳機能障害)
3限目 運動学実習 作業療法評価学演習
(総合)
作業療法評価学演習
(総合)
外科学概論 医学英語Ⅱ
4限目 運動学実習 作業療法評価学演習
(総合)
グループワーク 内科・老年学
5限目 グループワーク 作業療法評価学
(高齢期障害)
内科・老年学
2019年度のレポートはこちら
作業療法学専攻3年 佐藤 杏 高田北城高校出身

作業療法学専攻3年 佐藤 杏 高田北城高校出身

授業で身についた知識・技術は?

学ぶ分野はすべてどこかでつながっているので、知識を深めるたびに理解も深まっていく充実感があります。授業で先生が患者役で治療のシミュレーションをした際、想定外の動きをされ、「実際の医療現場ではもっと力が試されるんだ」と気が引き締まりました。今はとにかくすべてのことを吸収していきたいです。

臨床実習に期待することは?

どんな治療をして、どんなふうに関わっていくかは、検査の結果だけでなく実際に患者さんと話をしたり、表情を読み取った上で考えねばならないことを学びました。困っていること、ご家族の状況なども把握できれば、よりよい治療方法が提示できると思います。私は話すことが苦手なので、「会話力」を磨くこともテーマに、実習に取り組んでいこうと思います。

学校生活はどうですか?

学校の近くで一人暮らしをしています。入学当初、自分の時間を自由に持てるのが新鮮でした(もちろん勉強中心です!)。友人が同じアパートに住んでいるので心強いですし、学校のパソコン室に行けば誰かしら自習しています。みんなで一緒に頑張れる環境がありがたいです。

将来の目標を教えてください

これまでの授業を通して、「治療方法を考えること」にとてもやりがいを感じています。患者さんの状態を的確に把握する力、患者さんやご家族の気持ちを理解する力をつけて、どんな現場でも最善の方法を提供できるコミュニケーション能力の高いOTになりたいです。

2019年度 取材時

作業療法学専攻4年 平間 莉沙 長野市立長野高校出身

作業療法学専攻4年 平間 莉沙 長野市立長野高校出身

授業で身についた知識・技術は?

もともと前に出るタイプではなく、どこか人任せだった私。しかし、豊富なグループワークを通し、率先してチームの意見をまとめ、前に進められるようになりました。
患者さんやそのご家族など、周囲との協力が不可欠であるOTにとって大切な能力が身についてきたことを感じます。

これまでの臨床実習はどうでしたか?

実習を通して、患者さんの命や人生に関わるこの仕事の‟重み”を改めて実感しました。それから授業では「この患者さんに対して自分ならどうする」など常に臨床をイメージしながら取り組むようになりました。残りの学生生活、1日1日を大切に過ごしていきたいです。

OTを目指そうと思ったのはなぜですか?

私はどちらかというと、自分のためではなく周りのために頑張るタイプなんです。母が介護福祉士として働いたこともあって、人の役に立つ仕事がしたいと思っていました。OTは、リハビリを通して患者さんが日常生活をスムーズに送れるよう支援する仕事。患者さんの生活や人生に寄り添えるこの仕事なら、自分に合っている、頑張っていけそうだと思い、OTを目指すようになりました。

※学生の在籍学年は2019年度在籍時のものです。

TOPに戻る