学校法人四徳学園 長野保健医療大学

保健科学部FACULTY OF HEALTH SCIENCE

リハビリテーション学科 作業療法学専攻

概要

作業療法士はOccupational Therapist=OTと呼ばれ、患者さんが日常生活や社会生活が送れるように、対応力や機能の回復・改善を図ります。作業療法学専攻では、国家試験受験に必要な科目はもちろん、病いや障害をもって生活することはどういうことかを実習を通して実践的に学びながら、幅広い場面で活躍できる作業療法士を育成します。知識・技術とともに人間的魅力のある作業療法士の資質も磨きます。

卒業時の資格

  • 作業療法士国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格

作業療法学専攻長 メッセージ

作業療法学専攻長 松房 利憲 作業療法学専攻長
松房 利憲
作業療法を一言でいうと「生活のこつ」を身につけるためのいろいろな活動ということになるでしょうか。なんらかの障害をもつ人でも、やり方を変えたり、環境を整備したり、便利な道具を使うなどして社会に適応できるスキルを教えていく仕事です。
世の中の変化につれて、保健・医療・福祉の世界も大きく変わってきました。病院内の医学的な作業療法はもちろんのこと、今後は地域における作業療法が重要になります。重度の障害がある人でも、住み慣れた地域でその人らしく暮らすことを支える、また健康な状態をできるだけ永く保つことを支えるという時代になりました。人の身体・精神の部分的なものをとらえてアプローチするのではなく、個々の人びとの暮らしに対応することの重要性を学んでほしい。「障害があるからできない」ではなく、「障害があってもその人らしく人生を送る」ことに援助できるような作業療法士を育てたいと考えています。

学びのポイント

  • 学びを通じて知識・技術を身につけ自ら考え・人のために行動できる。
    保健・医療・福祉の幅広い分野で活躍できる人材育成のため、知識・技術はもとより人間的な魅力あふれる作業療法士としての資質も高めます。
  • 豊富な実習で実践力アップ
    さまざまな分野において、患者さまやスタッフと接することで幅広い体験を得、実践力を高めます。さらには関連職種とのチームワークを学びます。
  • 長い臨床経験に裏付けられたホンモノの知識や技術を学ぶ。
    教員は作業療法分野の多様な場面で活躍してきたベテラン揃い。臨床でのリアルな体験談が対象者の状態の理解を助け、就職後にもすぐに役立つ知識と技術の獲得につながります。
  • 専門職連携教育に取り組む。
    医療チームの中核となりうる構成員としての役割や考え方について、1年次から継続して看護学部の教員や学生と共に理解を深めます。

作業療法の実施領域

身体障害 脳血管障害(脳卒中)、脊髄損傷、骨・関節疾患、神経・筋疾患、外傷 等
精神障害 統合失調症、そううつ病、アルコール依存症 等
発達障害 脳性麻痺、知的障害、自閉症、ダウン症、学習障害 等
老年期障害 骨・関節障害、老人性運動障害、認知症 等

卒業後の進路

看護師・保健師の知識はいろいろな領域で活かせます。

TOPに戻る