学校法人四徳学園 長野保健医療大学

看護学部FACULTY OF NURSING

看護学部 カリキュラム

4年間のカリキュラム

大区分 中区分 小区分 1年
前期 後期
教養科目 導入科目 大学基礎セミナー
人文科学 心理学
アカデミックリテラシー
人間関係論
文化人類学
哲学Ⅰ・Ⅱ(集中)
保健ボランティア
臨床心理学
信州学
音楽
異文化理解
保健ボランティア
社会科学 社会学 教育学
自然科学 自然科学の基礎 情報リテラシー
体育学 体育(実技) 体育学
外国語 英語Ⅰ 医学英語Ⅰ
中国語
スペイン語
ハングル
専門基礎科目 人間と環境 形態機能学Ⅰ・Ⅱ 代謝栄養学
形態機能学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
環境と健康 総合医療論 微生物・感染症学
専門科目 看護専門科目 基礎看護学 看護学概論
基礎看護技術論Ⅰ
基礎看護技術論Ⅱ
成人看護学
老年看護学
小児看護学
母性看護学
精神看護学
統合科目 在宅看護論 地域・在宅看護学Ⅰ
看護の統合と実践
臨地実習
公衆衛生看護学関連科目
IPE関連科目 ヒューマンケア論
ヒューマンケア体験実習
大区分 中区分 小区分 2年
前期 後期
教養科目 導入科目
人文科学
社会科学 日本国憲法・法学
自然科学
体育学
外国語 英語Ⅱ 医学英語Ⅱ
専門基礎科目 人間と環境 病理・病態生理学
薬理学・服薬管理論
病態・疾病治療論Ⅰ・Ⅱ
人間発達学
病態・疾病治療論Ⅰ・Ⅱ
生命倫理
環境と健康 疫学
保健統計学
健康社会学
保健医療福祉行政論
専門科目 看護専門科目 基礎看護学 ヘルスアセスメント方法論 ヘルスアセスメント方法論
成人看護学 成人看護学概論 成人看護学方法論Ⅰ
老年看護学 老年看護学概論 老年看護学方法論
小児看護学 小児看護学概論
母性看護学 母性看護学概論
精神看護学 精神看護学概論
統合科目 在宅看護論 在宅看護論概論
看護の統合と実践
臨地実習 基礎看護技術実習 看護展開論実習
公衆衛生看護学関連科目 公衆衛生看護学概論
IPE関連科目 IPW論
大区分 中区分 小区分 3年
前期 後期
教養科目 導入科目
人文科学
社会科学
自然科学
体育学
外国語 英語Ⅲ
専門基礎科目 人間と環境
環境と健康
専門科目 看護専門科目 基礎看護学 遺伝看護学
成人看護学 成人看護学方法論Ⅱ
成人看護学方法論Ⅲ
急性・クリティカルケア論
リハビリテーション看護論
老年看護学
小児看護学 小児看護学方法論
母性看護学 母性看護学方法論
精神看護学 精神看護学方法論
統合科目 在宅看護論 地域・在宅看護学Ⅱ
在宅看護論方法論
看護の統合と実践 看護提供システム論
国際看護学
災害看護学
災害看護学演習
看護研究法
臨地実習 成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
老年看護学実習Ⅰ・Ⅱ
小児看護学実習
母性看護学実習
精神看護学実習
在宅看護論実習
公衆衛生看護学関連科目 公衆衛生看護学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ※
IPE関連科目 IPW演習Ⅰ
※は保健師課程のみ履修可能
大区分 中区分 小区分 4年
前期 後期
教養科目 導入科目
人文科学
社会科学
自然科学
体育学
外国語 医学英語Ⅲ
専門基礎科目 人間と環境
環境と健康
専門科目 看護専門科目 基礎看護学 看護教育論 看護教育論
成人看護学
老年看護学
小児看護学
母性看護学
精神看護学
統合科目 在宅看護論
看護の統合と実践 看護提供システム論
国際看護学
災害看護学
災害看護学演習
統合演習
看護研究法
看護課題探求
看護課題探求
臨地実習 成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
老年看護学実習Ⅰ・Ⅱ
小児看護学実習
母性看護学実習
精神看護学実習
在宅看護論実習
統合実習
公衆衛生看護学関連科目 公衆衛生看護学実習Ⅰ※ 公衆衛生看護学実習Ⅱ※
IPE関連科目 IPW演習Ⅱ
※は保健師課程のみ履修可能

育成する人物像

育成する人物像

看護の実践現場に対応したカリキュラム

カリキュラムは、看護の実践現場に対応した内容で編成し、あらゆる領域で活躍できる総合的な力を持った看護職の養成をめざします。
看護の実践現場に対応したカリキュラム

教員メッセージ

看護学部 看護学科 教授 坂口 けさみ

看護学部 看護学科 坂口 けさみ 教授

看護の対象は、あらゆる健康状態にある全ての人々です。そこには健康な人から病気や障害を有する人々が含まれ、健康増進や病気の予防、病気からの回復、QOL(生活の質)を高める支援等が行われます。看護とは、病気を有する人であれば「その人の持つ回復力が最大限に発揮されるよう生活を整え、その人らしく生活できるように支援する」ことであると捉えています。生活には食事や睡眠、排泄、環境、活動などが含まれますが、大学では病気の特徴や病気によって生活にどのような影響があるのかという専門知識を学びます。また病気を有する人の内面の特徴や変化についても学びながら、対象に適した看護とは何かを考えていきます。看護とは人と人との関わりの中で展開されます。そのため、大学での様々な学びに加えて、教養を身につけ、人として豊かに成長できるよう、多くの人々との出会いや体験を大切に歩んでいただきたいと思います。そして私たちとともに看護学を追求しませんか。

研究テーマ
母子関係、父子関係の形成と阻害要因に関する研究、
男女共同参画とジェンダーに関する研究

看護学部 看護学科 准教授 宮越 幸代

看護学部 看護学科 宮越 幸代 准教授

看護職は健康で安寧に暮らしたいという、人類の根源的な願いをかなえる専門職です。そのためには、今、どこで何が起こり、どんな立場の方々がどんな思いを持っているのか、健康や生活面で必要なことは何かをすばやく察知する必要があります。

学生生活では、まず皆さん自身が快適で健康的に過ごすための環境や社会との関りを模索し、その方法を身につけたという実感と体験を重ねられるとよいですね。私が担当する災害看護や国際看護、専門職連携教育では特に、様々な状況にある方々への関心や想像力、未知のことでも踏み出す力が基本となります。皆さんが自ら鳥かごを出ていける勇気と自律した力をつけ、やがて羽ばたく日を描きながら応援します。

研究分野・キーワード
多文化共生社会における在日外国人家族の支援、
災害後の中長期における看護支援、
ボランティアや国際協力経験の社会還元

修学レポート

小林 千紗

小林 千紗

やるときはやる、メリハリのある空気が心地よいです

クラスメイトのみんなは普段は和気あいあいとしていますが、テスト前は一変!「勉強モード」に切り替わり、お互いに分からないところをフォローし合いながら真剣に取り組んでいます。
普段の授業でも同じで、グループでの発表の時なども手を抜かず、真剣モード。もともと人前で話したり、発表するのは苦手だった私ですが、よい緊張感とみんなのやる気が背中を押してくれて、積極的に発表できるようになりました。人前で話すのも苦にならなくなり、入学前と比べると、性格も社交的になったと思います。
「やるときは真剣にやる!手を抜かない!」そんなメリハリのある雰囲気がとても心地よく、時に圧倒されるくらのクラスメイトたちの姿勢に刺激をたくさんもらって、自分の夢に向かって邁進できています。

困ったら迷わず相談できる、アドバイザー制度を活用

生徒5~6人に対して先生が1人ついてフォローしてくださる「アドバイザー制度」があるので、進路のことや勉強で悩んでいること、困ったことは迷わず遠慮せず、先生のところへ相談にいけるので有り難いです。
学期が進むごとに、覚えるべき情報量は増えていくので大変ですが、先生からいただいたアドバイスをもとに毎日の小さな積み重ねを大切にしています。

保健師の資格を目指して

看護師と併せて保健師の資格取得も目指しています。それによってさらに勉強が難しくなりますが、知識が広がることで自分にも自信がつくと思いますし、視野が広がって看護師とはまた違った視点で物事を見られるようになると思います。
特に今後は、治療だけでなく病気の予防の観点からも知識をつけていきたいです。

私の時間割(2年後期)

1限目 在宅看護論
概論
成人看護学
方法論Ⅰ
老年看護学
方法論
医学英語Ⅱ
2限目 生命倫理 成人看護学
方法論Ⅰ
老年看護学
方法論
3限目 ヘルスアセスメント
方法論
保健医療福祉
行政論
小児看護学
概論
健康社会学
4限目 ヘルスアセスメント
方法論
病態疾病
治療論Ⅱ
病態疾病
治療論Ⅰ
精神看護学
概論
母性看護学
概論
5限目 病態疾病
治療論Ⅱ
病態疾病
治療論Ⅰ
公衆衛生
看護学概論
母性看護学
概論
竹内 悠

竹内 悠

共に学ぶ「仲間の大切さ」を実感!

コロナ禍だったため、1年次の前期は主にリモート授業でした。慣れない環境での勉強でしたが、わからない部分は繰り返し動画を見るなど工夫して勉強していました。授業のように決まった時間ではなく、自分のペースで勉強ができる点は良かったですが、後期から登校できるようになって特に強く感じたのは、勉強以外のことも相談できる「友達」の存在が、日々のモチベーションにつながっていることでした。
同じ教室で授業を受けたり、テスト前に皆で集まって勉強したり、時にはおしゃべりして息抜きしたり―。大学でできた友達は、卒業後もずっと大切にしていきたいです。

経験豊富な先生方から学ぶ

好きな授業は「体育学」。筋肉の名称や筋力の付け方を勉強する時「この筋肉がこう動くからここに影響される」と考えながら勉強していくのが楽しいです。また、実際に病院で臨床経験のある先生が多くいらっしゃるので、教科書には載っていない、実際の病院で起きたことや院内の様子を聞くことができます。ただ話を聞くだけでなく「自分だったらどうするか」考えながら集中して学んでいます。

未来の後輩へメッセージ

「勉強でも部活でも、自分の好きな事や今やりたい事を一生懸命やってほしい」と伝えたいです。看護師や保健師に限らずどんな仕事でも「耐え抜く力」が必要だと思います。決めたことは途中で投げ出さず、最後までやり抜くことが出来れば自信にも繋がりますし、社会人になると自分に使える時間が限られるので、今のうちにやりたいことを精一杯頑張ってほしいです。

私の時間割(2年後期)

1限目 保健ボランティア 中国語 基礎看護
技術論Ⅱ
2限目 形態機能学Ⅱ 形態機能学Ⅲ
3限目 情報リテラシー 形態機能学Ⅱ 代謝栄養学 医学英語Ⅰ 基礎看護
技術論Ⅱ
4限目 体育学 教育学 基礎看護
技術論Ⅱ
5限目 信州学 基礎看護
技術論Ⅱ
2020年度のレポートはこちら
看護学部2年 向山望愛 赤穂高校出身

看護学部2年 向山望愛 赤穂高校出身

看護師にあこがれて

看護師として活き活きと働く祖母に憧れ、小学生の頃から看護師になることを将来の目標にしてきました。看護師として長く働きたい、より高みを目指したいという想いから、体系的な知識をしっかり身に着けることができる4年制のこの学校を選びました。実家から遠くない「県内」というのもポイントでした。新設されたばかりの学科なので、きれいな校舎と最新の設備の中で勉強に打ち込むことができ、毎日が充実しています。

人見知りだった私が

もともとはとても人見知りだった私ですが、心理学の授業を通して、看護師として大切な人とのコミュニケーションを学び、自分から人に話しかけられるようになりました。そんな私を見て母も「変わったね」と驚いたほどです。
入学前は「私は看護師になれるのだろうか…向いていないのではないか」と不安に感じていましたが、日々自分の変化を実感することができ、少しずつ自信に繋がっています。親身にアドバイスをくださる先生方や助けてくれるクラスメイトの存在も大きいですね。

看護師になる実感

「基礎看護技術論」という授業で初めて注射器を手にしたとき、緊張したのと同時に「これから私は看護師になるんだ」という自覚と実感が湧いてきました。その時の気持ちを忘れず、常に初心に帰れるよう、鮮明な記憶を大切にします。

目標は高く!貪欲に成長したい

看護師と同時に保健士の資格取得も目指している私に、ある先生が「目標はできるだけ高く持ちなさい」と励ましてくれました。それまでの私は、授業で習ったところやテストに出る範囲しか勉強してこなかったのですが、その言葉をいたただいてからは、授業以外でも気になったことは自ら積極的に学ぶようになりました。
今後も「このくらいでいいや」と自分で限界を決めてしまわずに、自分が掲げた目標に向かって貪欲に成長し続けていきたいです。

私の時間割(1年前期)

1限目 大学基礎セミナー 英語
2限目 自然科学の基礎 地域・在宅看護Ⅰ 心理学 体育
3限目 総合医療論 形態機能学Ⅰ 看護学概論 形態機能学Ⅱ
4限目 ヒューマンケア論 基礎看護技術論Ⅰ 文化人類学 ヒューマンケア
体験実習
5限目 基礎看護技術論Ⅰ アカデミック
リテラシー
看護学部2年 廣瀬未莉 高松学園 伊那西高等学校出身

看護学部2年 廣瀬未莉 高松学園 伊那西高等学校出身

日々こまめな予習復習が大事

1回の授業での情報量が多いので、知識をきちんと自分のものにするため、日々の予習復習を「こまめに」することを心がけています。好きな授業は、人体の仕組みを知り、全ての基礎となる「形態機能学」。先生方の講義も分かりやすく、人体模型を用いるなど時に楽しくエンターテイメント性を取り入れた授業をしてくださるので有難いです。グループワークでは、クラスメイト同士がお互いに聞く姿勢を持って尊重し合えるので、とても雰囲気のいい環境で勉強ができています。1年次からグループワークや演習が多く、話し合いの場があることで、クラスの絆もぐっと深まりました。

変わらない、看護師になりたい思い

幼い頃、入院先で出会った看護師さんに憧れて目指したこの職業。いま、演習や勉強に取り組む日々の中でも、あの頃の憧れは少しも変わりません。「看護師になる」という夢は、自分にとって揺るがないものなのだと感じています。大変なことも多いですが、授業や演習を通して新たな知識が身に付き、できなかったことができるようになる度に、自分の夢に少しずつ近づいているという実感が持てて嬉しいです。
将来は憧れのあの看護師さんのように、人の痛みが分かり、相手の心に寄り添える看護師になりたい。これからも夢に向かって、コツコツと努力を重ねていきます。

未来の後輩たちにアドバイス

アルバイトはもちろん、ボランティアに参加するなど、人と関わる経験をしておくと、実習先で患者さんとお話する際などに役立ちます!ぜひ自ら積極的に外に出て、さまざまな人とのつながりを大切にしてください。
また、生物の授業の内容をしっかり理解しておくと、入学後、スムーズに知識が頭に入ってきますよ。

私の時間割(1年後期)

1限目 代謝栄養学 保健ボランティア 情報リテラシー 中国語
2限目 代謝栄養学 微生物感染症学
3限目 医学英語Ⅰ 形態機能学Ⅲ 基礎看護技術論Ⅱ 形態機能学Ⅱ
4限目 形態機能学Ⅰ 基礎看護技術論Ⅱ 教育学
5限目 体育学

TOPに戻る