学校法人四徳学園 長野保健医療大学

保健科学部FACULTY OF HEALTH SCIENCE

リハビリテーション学科 理学療法学専攻

概要

理学療法士はPhysical Therapist=PTと呼ばれ、リハビリテーション医療の中心的役割を担います。
理学療法学専攻では、国家試験受験に必要な科目はもちろん、実習を重視したカリキュラム構成で、臨床に強い理学療法士の育成をめざしています。学びを通して、人間をみつめる姿勢や障害に対する考え方など、理学療法士としての資質も育てていきます。

卒業時の資格

  • 理学療法士国家試験受験資格
  • 社会福祉主事任用資格

理学療法学専攻長 メッセージ

理学療法学専攻長 金井 敏男 理学療法学専攻長
金井 敏男
人が病気やけが、障害を乗り越え新たな人生を歩むためには、リハビリテーションによって心身の機能と構造、生活活動を再構築することが必要となります。理学療法士が関与する領域はこうした、従来の治療医学の分野から健康維持・増進や病気の予防などの保健分野、そして介護予防を始めとする福祉機器・住宅等の福祉分野やスポーツ分野などへと拡大しています。リハビリテーションは人間探究の科学ともいわれ、人の活動様式や行動様式を身体構造・機能・精神・心理・社会的環境などの側面から探り、それを分析・統合してその人の有りようを見極めることです。理学療法士は障害も含めたその人自身と出会い、リハビリテーションを通じてその後の人生に寄り添う仕事といえます。理学療法士を目指して勉強するなかで、志を同じくする学生同士や人生経験豊かな教員、そして臨床実習における患者様や他の医療専門職など、多くの出会いと交流と学びが自分自身の理解を深め、そして成長へとつながっていくことでしょう。

学びのポイント

  • 確かな知識と技術を基に人間的魅力にあふれた理学療法士を目指す。
    実習を重視したカリキュラムにより、臨床に強い療法士を育成します。
    また、人間を見つめる姿勢や、障害に対する考え方など、理学療法士としての資質も育てます。
  • 医療技術者として実践的な学びを深める。
    障害を持つ方々を学内に招き、交流を図り知識と技術を高めることで、理学療法士としての自覚を育む機会を設けています。
  • PBL(課題解決型プロジェクト)により、主体的に学ぶ力を養う。
    アクティブ・ラーニングやグループワークをとおして、課題を解決したことで得られる達成感を経験し、生涯にわたり主体的に学修する力を身に付ける。
  • 専門職連携教育に取り組む。
    医療チームの中核となりうる構成員としての役割や考え方について、1年次から継続して看護学部の教員や学生と共に理解を深めます。

理学療法の実施領域

身体障害 脳血管障害( 脳卒中)、脊髄損傷、骨・関節疾患、神経・筋疾患、
外傷、腰痛症、心筋梗塞、肺気腫 等
発達障害 脳性麻痩、ダウン症、二分脊椎、進行性筋ジストロフィー症 等
老年期障害 骨・関節障害、老人性運動障害、廃用性疾患 等
スポーツ障害 じん帯損傷、腱断裂、野球肘、テニス肘 等

卒業後の進路

看護師・保健師の知識は色々な領域で活かせます。

TOPに戻る