学校法人四徳学園 長野保健医療大学

保健科学部FACULTY OF HEALTH SCIENCE

理学療法学専攻 カリキュラム

4年間のカリキュラム

科目大区分 小区分 1年
建学の精神・社会人としてのマナーとスキル・スタディースキル・幅広い教養・基礎医学
前期 後期
教養科目 導入科目 大学基礎セミナー
アカデミックリテラシー
自然科学の基礎
情報リテラシー
理学療法基礎セミナー
人文科学 心理学
倫理学
文化人類学
異文化理解
信州学
社会科学 社会福祉学
社会学
教育学
自然科学 物理学
統計学
生物学
体育学 体育実技
体育学
外国語 英語Ⅰ 英語Ⅱ
ハングル
中国語
スペイン語
専門基礎科目 基礎医学 解剖学Ⅰ(総合)
解剖学演習Ⅰ(骨格系)
生理学Ⅰ
解剖学Ⅱ(総合)
解剖学実習(人体解剖観察)
解剖学演習Ⅱ(筋・神経系)
生理学Ⅱ
理学療法基礎運動学Ⅰ
人間発達学
臨床医学
保健医療福祉と
リハビリテーションの理念
障害科学Ⅰ
専門科目 基礎理学療法学 理学療法概論Ⅰ(導入論)
理学療法
倫理・管理
理学療法評価学 理学療法評価学総論
理学療法評価学Ⅰ(関節機能系検査)
理学療法治療学
地域理学療法学
理学療法
臨床実習
臨床見学実習
IPE関連科目 ヒューマンケア論
科目大区分 小区分 2年
医療人としての心構え(知識)・臨床医学・リハビリテーション実践の基礎的知識と技術
前期 後期
教養科目 導入科目
人文科学
社会科学 日本国憲法・法学
自然科学 生化学
体育学
外国語 医学英語Ⅰ 医学英語Ⅱ
専門基礎科目 基礎医学 生理学実習
理学療法基礎運動学Ⅱ
運動学実習
臨床医学 病理学
整形外科学Ⅰ
内科学・老年学Ⅰ
脳神経外科学
小児科学・小児神経科学
精神医学Ⅰ
リハビリテーション医学
外科学
整形外科学Ⅱ
内科学・老年学Ⅱ
神経内科学
精神医学Ⅱ
保健医療福祉と リハビリテーションの理念 障害科学Ⅱ 生命倫理
人間関係論
専門科目 基礎理学療法学 病態運動学Ⅰ
理学療法総合演習Ⅰ
理学療法
倫理・管理
理学療法評価学 理学療法評価学Ⅱ(筋機能系検査)
理学療法評価学Ⅲ(各種検査と測定)
理学療法評価学Ⅳ(模擬症例)
理学療法治療学 運動療法学Ⅰ(関節機能系)
物理療法学Ⅰ
運動療法学Ⅱ(筋・神経機能系)
物理療法学演習 日常生活活動学Ⅰ(概論)
地域理学療法学 地域理学療法学Ⅰ(概論)
理学療法
臨床実習
理学療法臨床評価実習Ⅰ
IPE関連科目 IPW論
科目大区分 小区分 3年
医療人としての心構え(実践)・リハビリテーション実践の知識と技術・疑問に対する探究心・ロジカルシンキングとディベート
前期 後期
教養科目 導入科目
人文科学
社会科学
自然科学
体育学
外国語 英語Ⅲ 医学英語Ⅲ
専門基礎科目 基礎医学
臨床医学 医用画像解析学
臨床薬理学
栄養管理学
救急救命医学
臨床心理学
保健医療福祉と
リハビリテーションの理念
公衆衛生学
専門科目 基礎理学療法学 病態運動学Ⅱ
理学療法総合演習Ⅱ
理学療法研究法Ⅰ
理学療法研究法Ⅱ
理学療法
倫理・管理
理学療法倫理・管理学
理学療法評価学 理学療法評価学Ⅴ(実症例)
理学療法評価学Ⅵ(高次脳機能検査)
理学療法治療学 物理療法学Ⅱ(マッサージ)
理学療法系義肢装具学Ⅰ
日常生活活動学Ⅱ(各論)
理学療法治療学Ⅰ(脳血管障害)
理学療法治療学Ⅱ(運動器障害)
理学療法治療学Ⅳ(内部障害)
運動療法学演習
理学療法系義肢装具学Ⅱ
理学療法治療学Ⅲ(神経系障害)
理学療法治療学Ⅴ(発達障害)
理学療法治療学Ⅵ(スポーツ障害)
地域理学療法学 地域理学療法学Ⅱ(各論) 地域理学療法学Ⅲ(演習)
生活環境学
理学療法
臨床実習
理学療法臨床評価実習Ⅱ
IPE関連科目 IPW演習Ⅰ
科目大区分 小区分 4年
医療チームの一員としての役割の自覚と責任・知識の統合と科学的思考・高い倫理観を伴うリハビリテーション実践の知識と技術・職業アイデンティティとキャリアデザイン
前期 後期
教養科目 導入科目
人文科学
社会科学
自然科学
体育学
外国語
専門基礎科目 基礎医学
臨床医学
保健医療福祉と
リハビリテーションの理念
言語聴覚療法概論
看護学概論
介護学概論
専門科目 基礎理学療法学 理学療法概論Ⅱ(理学療法トピックス) 理学療法総合演習Ⅲ
理学療法研究法演習(卒業研究)※通年科目
理学療法
倫理・管理
理学療法評価学
理学療法治療学 関節モビライゼーション
認知理論に基づく運動療法
固有受容性神経筋促通手技
スポーツマッサージ
呼吸理学療法
発達学的視点に基づく運動療法
感覚統合療法
予防理学療法
地域理学療法学
理学療法
臨床実習
地域理学療法実習
理学療法臨床実習Ⅰ
理学療法臨床実習Ⅱ
IPE関連科目 IPW演習Ⅱ

教養科目

専攻の枠を超えて、共通に求められる『仁心』を備えたグローパル社会に生きる技能が優れた専門職業人を育成する。

導入教育

人文科学 社会科学 自然科学 体育学 外国語
全ての人が尊厳を認め合う共生社会を目指して活動する職業人を育成する 社会福祉の理念と仕組みを知り、医療・福祉サービスにおける教育の視点を学ぶ 医学知識を学習するための基礎となる科学的思考を身につける 人々の健康増進、スポーツ活動参加を促進し、健康寿命の延伸に貢献するための基礎的知識を学ぶ 地域での経験、研究成果を国際的に発信する能カを養う

専門基礎科目

専門職として必要となる医学的基礎知識を学び、事象(病者、障害者など支援を求める人の健康、機能、活動の状態)を科学的に把握し、解析し、論理的に対応を考える能力を養う。
基礎医学 臨床医学 保健医療福祉と
リハビリテーションの理念

専門科目

専門職としての基本的知識と技能を習得させ、生涯にわたって「妙術」を体得するための基礎技法を教授する。専門職としての基礎知識と技能を学び、地域療法学において、地域における専門技法を実践する際に必要となる地域社会に関する知識、職業人としての態度を学び、臨床実習を通して、知識を確かめ、基礎的技能の習得を目指す。
基礎理学療法学 理学療法評価学 理学療法治療学 地域理学療法学 臨床実習

教員メッセージ

理学療法学専攻 教授 大町 かおり

理学療法学専攻 大町 かおり 教授

理学療法士とは、「思うように身体が動く」にこだわるプロ集団
手のひらに乗るくらいの
早めに生まれた赤ちゃん
かけっこがうまくなりたい子どもたち
最後の試合に出場したい部活で腰を痛めた高校生
故障を抱えながらも
活躍したいプロのサッカー選手
仕事復帰を目指す
交通事故で骨折した働き盛りのお父さん
もう一度
自分の脚で歩きたいと思っているおばあさん…
「自分が思うように身体が動くか」
のゴールは
ひとによってさまざまです。
朝起きて、自分でトイレに行ける、から
試合で思いっきりプレーをする、まで。
理学療法士とは
対象となる方の
それぞれの現状と希望を見つめて
専門的な知識と技術とこころで
ゴールに向けて
プロとして全力で支える仕事です。
そのために
必要な知識と技術を身につけることが
本学でできます。
そのための努力をいとわない仲間を
こころからお待ちしています。
理学療法専攻 准教授 赤羽 勝司

理学療法専攻 赤羽 勝司 准教授

スポーツ分野領域の現場にて、より安全で効果的な運動処方や運動指標を提供するために、様々な測定方法で検証し、効果を見出すことができれば、それを社会に提示することによってスポーツ選手や、リハビリテーションを対象とする患者さんに対する新たな測定方法、治療方法、運動指導方法として提言していくことが可能ではないかと考え、現場での活動を積極的に行っています。
本学では、運動学、運動器疾患の理学療法、スポーツ理学療法といった内容を中心に教育しているため、現場の状況や選手の生の声を学生に伝えることができます。また、選手の測定には学生さんにも経験していただくことを実施しているため、研究活動で修得した研究能力や論理的な思考力は、卒業後における保健、医療、福祉の現場のみでなく、スポーツ現場など様々な領域における実践と研究を結び付けていくための能力として生かしてもらえることと考えています。

修学レポート

理学療法学専攻3年 真島幸大 篠ノ井高校出身

理学療法学専攻3年 真島幸大 篠ノ井高校出身

PTは、人のために働いて感謝される、最高な仕事

母も姉も医療系の仕事をしており、どこでも安定して働けるからと、自分も医療系の将来をなんとなく考えていました。この学校の存在自体は知っていましたが、何を勉強するのか具体的には知らなくて、見学のときに「PT」という職業に初めて出合いました。
野球部でピッチャーをやっていた中学時代、肩にけがをした際に病院でお世話になった記憶がよみがえり、「あ、これ昔やってもらったやつだ!」とビビっときました。人のために働いて、治して、感謝されるなんて、PTは最高の仕事だと思い、入学しました。

応用の学びが面白くなってきた

1~2年は解剖学や人間発達学などを座学で学びましたが、わからないことだらけでした。しかし3年になって治療学、スポーツ障害内部障害学など基礎知識が複合的にからんできて、応用の学びが面白くなってきました。覚えることは莫大ですが、目標に向かえば勉強も苦ではなく、楽しいです。これまで再試は一度もないのが自慢です!

勉強も「習慣」をつければ怖くない!

自分も特別、勉強が好きな訳ではなかったです。一般的に「医療系は難しい」と思われがちですが、1日少なくとも1時間勉強する「習慣」をつけさえすれば大丈夫。「自分は勉強が苦手だから」とあきらめないで、興味があったらぜひ飛び込んでほしいです。

患者さんとの信頼関係が最重要

3年時の実習では、3週間老人保健施設に行きました。担当した患者さんが認知症で、毎日自己紹介から始まるのですが、こちらの姿勢で伝わり方が違うんです。マスクなどで表情が見えないのはダメ。いきなり馴れ馴れしいのもNGで、一日治療できない日がありました。患者さんとの信頼関係は最重要であるということを学びました。将来は患者さんからの信頼を勝ち取って、「この人に任せたい!」と思ってもらえるPTを目指します!

アルバイトも日常に、実習に、役に立つ

1~2年の時にはラーメン屋、3年になってからパチンコ店でアルバイトをしています。「とりあえず笑顔」で「声を出し」、「自然な笑顔」と「言葉遣い」を学びました。アルバイト経験は、意外と実習でも生きています!貴重な体験です!!

私の時間割(3年前期)

1限目 運動療法学Ⅱ
(関節モビライゼーション)
理学療法
評価学Ⅴ
(高次脳機能検査)
日常生活
活動学Ⅱ
(疾患障害別ADL)
2限目 地域理学療法学Ⅱ
(維持期の理学療法学)
病態運動学Ⅱ 理学療法系
義肢装具学
日常生活活動学Ⅱ
(疾患障害別ADL)
理学療法治療学Ⅰ
(脳血管障害)
3限目 理学療法評価学Ⅳ
(症例の評価演習)
臨床薬理学 看護・介護学 理学療法治療学Ⅱ
(運動器障害)
理学療法治療学Ⅲ
(神経系障害)
4限目 理学療法評価学Ⅳ
(症例の評価演習)
看護・介護学 物理療法学Ⅳ
(マッサージ)
物理療法学Ⅲ
(電気療法・ジアテルミー)
5限目 言語聴覚学概論
理学療法学専攻2年	箱山 大輔 上田高校出身

理学療法学専攻2年	箱山 大輔 上田高校出身

時間の使い方、バランスが大事

高校時代にサッカーでけがをした経験があり、リハビリをしてもらったことがきっかけで、理学療法士という仕事に興味を持ちました。大学生は自由な時間が多いイメージでしたが、平日は授業とアルバイトで時間が埋まっています。テスト前の勉強は大変ですが、その分テスト終わりの飲み会は友達みんなで盛り上がります。時間の使い方はメリハリ、バランスが大事だと思います。

全教科、つながっている実感

好きな授業は「運動療法学」。けがをした体についてどこが悪いのか、何が悪いのかひとつずつわかっていくのが面白いです。すべての学びは単独でなく、疾患の原因は全教科につながっていると実感します。
授業でわからないことがあっても、わかるまで友達と教え合い、助け合っています。クラスの中に引っ張っていくタイプの人がいるおかげで、自分もがんばろうとやる気が湧いてきます。

先輩からのアドバイスが頼りになる「話し会」

縦のつながりが強いところがこの大学の魅力です。2~4年生が参加する「話し会」では、勉強をはじめ、プライベートのことも先輩が相談に乗ってくれます。テスト勉強のポイントを先輩にアドバイスしてもらうこともあります。医療系だからでしょうか、学校内には優しい人が多いと感じますね。人とのつながりを大切に、互いに助け合い、高め合えるよう心がけています。

将来を意識して授業に取り組んでいます

座学の授業は覚えることが多く大変ですが、実習に出てみるとひとつひとつの知識が無駄でなく、それぞれがつながって役に立つことがわかります。もちろん就職してからもそうだと思うので、将来を意識していま一生懸命勉強します。
将来は、スポーツ疾患やいろいろなセクションがある病院に就職して、様々な知識と経験を積みたいです。

私の時間割(2年前期)

1限目 理学療法評価学Ⅲ 運動学Ⅲ 小児科学 解剖学実習 整形外科学
2限目 理学療法評価学Ⅲ 生化学 人間発達学Ⅱ 運動学Ⅱ 病理学
3限目 運動療法学Ⅰ 精神医学 臨床医学概論 生理学実習 医療英語Ⅰ
4限目 脳神経外科学 内科学・老年学 障害科学 生理学実習
5限目 物理療法学Ⅰ
2019年度のレポートはこちら
理学療法学専攻3年 和田 理沙 野沢北高校出身

理学療法学専攻3年 和田 理沙 野沢北高校出身

授業で身についた知識・技術は?

ひとくちに人の体といっても「解剖学」「生理学」「運動学」「人間発達学」などさまざまな分野があり、一つ一つを深く学ぶことで視野が広がり、違う世界が見えてきたような気分です。グループワークでは体を動かしながら考えたり、仲間と意見を出し合ったり―ただ覚えるだけの知識ではなく、日々理解が深まっていくのを感じます。

臨床実習に期待することは?

PTのリアルな姿が少しずつですが見えてきました。思ったより力仕事です(笑)。病院では患者さんはもちろん、医師や看護師など他のスタッフとの関わりや連携が重要になると思うので、コミュニケーションの取り方もしっかり学んでいきたいです。苦手分野など自分に「足りないもの」を把握して、実践を通して克服していきます!

学校生活はどうですか?

家が遠く、電車通学で1時間以上かかるので、「いかに時間をうまく使うか」を意識するようになりました。電車の乗り換えを1本遅らせて図書館で勉強するなど工夫しています。あと、わからないことはとにかく人に聞くのが一番!友達や先生に日々助けてもらっています。

将来の目標を教えてください

子供と関わる分野で働きたいと考えています。PTは「自分の知識や技術で誰かを手助けできる」仕事。患者さんやご家族の気持ちに寄り添いながら、できる限りいい形でもとの生活に戻れるようお手伝いをしたいです。

2019年度 取材時

理学療法学専攻4年 川窪 修平  田川高校出身

理学療法学専攻4年 川窪 修平  田川高校出身

授業で身についた知識・技術は?

PTにとって大切な力の一つが「観察力」だと思います。日常の動作から、患者さんが抱える問題を的確に見抜くことが良い治療の第一歩だからです。授業や実習を通して、街を歩いていてもつい、道ゆく人の歩き方や動作を目で追うようになりました。患者さんとの信頼を築くためにも、小さな異変を見逃さない人になりたいです。

これまでの臨床実習はどうでしたか?

現場では、教科書通りに行くことはまずありません。常に「とっさの対応」が求められます。患者さんが予期せぬ動きをした際、どう動くべきか、実際に先輩PTさんの対応を間近で見られることが、自分にとって非常にプラスになります。また、以前はひたすら暗記、いわゆるテストのための勉強をしていましたが、実習に行ったことで意識が変わり、知識が自分の‟一部”になるまで深く理解することを心がけるようになりました。

日常の勉強で工夫している点はありますか?

授業で習ったことや重要なポイントは、テスト前などに友だちの前で説明してみることにしています。そうすると知識が曖昧な部分や十分に理解できていない箇所が見えてくるので、その都度、教科書に立ち戻って復習をします。先ほどの話につながりますが、自分の言葉で人に説明できるまで落とし込んでやっと知識が自分の身になることを実感しています。

※学生の在籍学年は2019年度在籍時のものです。

TOPに戻る