理学療法学専攻

保健科学部 リハビリテーション学科

理学療法学専攻

Division of Physical Therapy Science

理念

理学療法士はPhysical Therapist=PTと呼ばれ、リハビリテーション医療の中心的役割を担います。医師の診断のもとに治療計画を立て、運動療法や物理療法などを行い、さまざまな基本動作の機能回復・改善を図ります。
理学療法学専攻では、国家試験受験に必要な科目はもちろん、4年間の特色をいかしたカリキュラム構成で、臨床に強い理学療法士の育成をめざしています。学びを通して、人間をみつめる姿勢や障害に対する考え方など、理学療法士としての資質も育てていきます。

● 理学療法の実施領域

● 身体障害
脳血管障害(脳卒中)、脊髄損傷、骨・関節疾患、神経・筋疾患、外傷、腰痛症、心筋梗塞、肺気腫 等
● 発達障害
脳性麻痩、微細脳損傷、ダウン症、二分脊椎、進行性筋ジストロフィー症 等
● 老年期障害
骨・関節障害、老人性運動障害、廃用性疾患 等
● スポーツ障害
じん帯損傷、腱断裂、野球肘、テニス肘 等
major_rigaku_03
major_rigaku_07
major_rigaku_09