学校法人四徳学園 長野保健医療大学

新着情報TOPICS

看護学部2023.01.13

地域で学び、地域を学ぶ、地域が育つ協働学習になりました!

看護学部3年生の災害看護学演習は長野市篠ノ井自治協議会の皆さんとの交流やフィールドワークを重ね、最終回の今回は地域における減災のための自助·共助について、グループ発表会を行いました。

発表をもとにした意見交換では、車いすや1人暮らしの高齢者の避難や、災害が子どもの心にもたらす影響、民生委員の高齢化や消防団の継続の難しさなど、現代の地域社会の具体的な課題が話題になりました。自治協の方からは「災害対応は誰かに頼ったり期待するものではなく、自分で備え行動するもの」「この経験を後世に伝えていきたいが、記憶は年月と共に薄れていくため、どのように伝えていくか、たとえば『共有する』とはどういうことを言うのか、など具体的に掘り下げられるとよい」「将来看護職に従事してもいざ災害に直面した際に必ず助けに行けるものではない、時には自分や自分の身内を優先し、助けることができなかったジレンマに長い間苛まされることもあるだろう、その気持ちにどうやって自分自身を律する術を身に付けてほしい」との、実感のこもったお言葉をいただきました。

住自協の皆様には、毎回、温かさと配慮のこもった受け入れとともに、看護職への期待だけでない「厳しさ」や課題も学ばせていただき、学生はこの後続く実習に向けて一層身が引き締まる演習となりました。2年間続いてきたこの交流をもとに、今後も地域に根付いた学習をめざします。学生のために多くの住民の皆様が積極的にご尽力くださったことに、心より御礼申し上げます。そして引き続きどうぞよろしくお願い致します。

TOPに戻る